収入のない主婦 お金借りる

収入のない主婦がお金を借りるには

2010年から導入された総量規制のせいで、お金を借りられるのは年収の3分の1までという制限ができました。例えば、年収300万円の人は、総額100万円までしか借り入れができません。

 

お金

そうなると、収入のない専業主婦はどうなるのでしょうか。
お金を借りられないということになりますよね。

 

ただし、例外があります。「配偶者貸し付け」というものです。

 

「配偶者貸し付け」は、夫婦合わせた収入の3分の1までの貸し付けが認められます。

 

旦那さんの同意と住民票などの夫婦を証明できる書類が必要ですが、収入のない専業主婦でも旦那さんの収入の3分の1までの借り入れが可能となります。

 

もし旦那さんが上限いっぱいの借金をしていたら借り入れはできませんし、その逆も同じですので要注意です。
つまり、年収300万円の旦那さんがすでに100万円の借金をしてれば、奥さんは借り入れできないということです。また、同じケースで、旦那さんの借金が70万円あったとすると、奥さんが借り入れできるのは30万円までとなります。

 

 

専業主婦が、お金を借りられる方法がもう一つあります。銀行のローンです。

 

総量規制は、消費者金融やクレジットカード会社などからの借り入れを対象としているので、銀行のローンは対象外なのです。
審査が通れば本人の収入に関わらず借り入れができます。
とはいえ、旦那さんに安定した収入があることが前提となります。