主婦 お金借りる 配偶者貸し付け

方法@配偶者貸し付け

専業主婦が借り入れをする方法の一つが「配偶者貸し付け」です。
旦那さんの同意を得た上で、旦那さんの収入の3分の1まで(夫婦合わせた借入の総額)を借りられることになります。

 

夫婦

配偶者貸し付けを利用できる条件は以下の通りです。
  • 年収を合わせる2人が夫婦であること
  • 妻が専業主婦の場合、夫に安定した収入があること

 

 

これらを証明するための書類を含めて、必要な書類は以下のようになります。

  • 本人確認書類
  • 住民票などの夫婦であることを証明するもの(事実婚でも「未届」の記載があればOK)
  • 旦那さんの同意書(お金を借りることと、信用情報機関から信用情報提供することへの同意)
  • 旦那さんの収入証明書

 

この通り、配偶者貸し付けを利用してお金を借りるには旦那さんの同意が必要ですので、内緒で借りるなんてことはできないですね。

 

 

この配偶者貸し付けですが、通常の貸し付けよりも提出書類が多く手間がかかることもあって、扱っている消費者金融業者、信販会社は少ないようです。また、扱っていても、奥さんにも収入がないと受けられない場合が多いので、専業主婦だと借りるのは難しそうですね。

 

 

「どうしてもお金が足りない、でも借りられるところがない。」
だからといって、ヤミ金やクレジットカードのショッピング枠現金化などに手を出してはだめですよ。
ひとりで悩まずに誰かに相談してみてください。

 

そして、専業主婦でも借り入れできる方法がもう一つあります。
それが「銀行のローン」です。